ヨーグルトとオリゴ糖で妊娠中の便秘対策

ヨーグルトで妊娠中の便秘対策

妊娠中に便秘になる人もいれば、そうではない人もいると思いますが、頑固な便秘で悩み、ついトイレでいきんでしまうと、とくに出産が近づく時期には注意が必要です。

 

体質によっては、水分をこまめに摂ることを控えたほうが良い場合もあります。

 

妊娠中の便秘対策として、ヨーグルトはオススメです。ヨーグルトには、固形タイプのヨーグルトとドリンクタイプのヨーグルト、粉末タイプのヨーグルト、粒タイプのヨーグルトサプリメントなどがあります。

 

ドリンクタイプのヨーグルトは、にんじんやリンゴなどの野菜や果物とミックスジュースにしたり、固形タイプのヨーグルトは、カレーやシチュー、サラダに入れるとおいしくいただけます。

 

ヨーグルトが好きでない方も、食べ方や飲み方を工夫すると良いでしょう。

オリゴ糖で妊娠中の便秘対策

妊娠中の便秘対策として、ふだんの料理や飲み物などにオリゴ糖を使う方法があります。オリゴ糖とは、単糖類が何種類かくっついた成分であり、便秘対策に良い糖であると言われています。

 

実は、母乳のほんのりとした甘みには、オリゴ糖が含まれていて、オリゴ糖は腸内環境を整えるビフィズス菌のエサになると言われています。生まれたての赤ちゃんのウンチは、独特の酸っぱいニオイがするのは、腸内にビフィズス菌が豊富に含まれているからで、腸内環境がとてもキレイな状態だからです。

 

オリゴ糖は、砂糖やグラニュー糖よりも、価格は高いですが、腸内環境を整えてくれる良質な甘み成分です。過剰に摂取すると、おなかがゆるくなることがあります。少量ずつで良いので、飲み物や料理に使うと良いでしょう。