妊娠と便秘

妊娠と便秘

妊婦は、出産までに子育てへの不安や健康への不安など、さまざまな不安を抱えています。
妊娠中には、体にどのような変化が生じるのでしょうか。

 

妊娠中には、黄体ホルモンの分泌量が活発になり、妊娠初期の頃は、吐き気をもよおすことがあり、食欲が減退しますが、安定期から出産が近い時期になると、食欲が増して、母体の健康とともに、赤ちゃんの健康を守ろうとして、食事が普通に食べられるようになります。

 

妊娠中は、どんなに健康な人でも、つわりの時期がありますので食欲が減退することもあれば、ときには日常の家事をするのもおっくうになる日もあると思います。
そして、妊婦の中には、妊娠中の便秘の症状に悩む人も多いようです。
ここでは、妊娠中の便秘の症状や改善する対策などについて、ご紹介していきたいと思います。

便秘薬で妊娠中の便秘対策

頑固でしつこい便秘には、便秘薬を服用する方法もありますが、
妊娠している可能性が高い方や、妊娠中はとくに注意が必要です。

 

市販薬を自己判断で購入する場合、薬によっては副作用をともなう可能性があり、母体や胎児に悪影響を及ぼす可能性もありますので、自己判断ではなく、かかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

 

産婦人科医が、便秘薬を処方してくれる場合もあります。
便秘薬は、飲む量や回数など、必ず正しい処方を守り、医師の指示に従いましょう。

 

便秘薬を常用すると、薬に頼らなければ、自然な便意がもよおされなくなる可能性もありますので、どうしても便秘薬を飲まなければならない場合を除いて、
常用や長期連用は避けるべきでしょう。