便秘薬が効かなくなる理由

便秘薬が効かなくなる理由

便秘をすると、ドラッグストアや薬局などで手に入りやすい便秘薬を試す方も多いですね。最初は、感動的なほどスルスルと排便されていたのに、徐々に効かなくなってきます。

 

でも、どうして効かなくなるのでしょうか。

 

便秘薬は基本的に、腸に意図的に刺激を与えてぜん動運動を促しています。ですから、毎日のようにそれを繰り返すことで、腸が便秘薬の刺激に慣れてしまい、便通が起こらなくなっていくのです。

 

すると、便秘薬を飲む量がどんどん増えてしまいます。
中には、依存症になって大量の便秘薬を飲んでしまう方もいます。

 

一番良くないのは、慢性化した便秘を放置してしまうことなので、長い期間出ていないときは便秘薬を使うという事もありでしょう。便秘で老廃物を溜め込むよりは、薬を飲むデメリットの方が明らかに小さいのです。どんなに色々頑張っても出ないなら、便秘薬の力を一時的に借りても構いません。

 

ただ常用すると体には良くないので、本当にどうしようもない時だけ使うようにして、あとはサプリメントを使用したり、水をたくさん飲むようにしたり、食生活を改善することで、便秘薬不要で排便できるように体質改善を行っていくことが必要です。